[walk this way!]#87 斯くも遠く

内地の夕暮れ

 

冬の空気が澄んでいる時期は宇都宮からでも富士山がよくみえます。

 

ひさびさに遠出をしてみるとそんなに宇都宮から離れているわけではないけど、

雪をかぶった富士山も、くっきり綺麗な姿を見せてくれます。

 

いつの間にか遠くに来たなぁとしみじみ実感したり。

 

 

 

大人になってたてた目標なんて達成できた試しがなかったり。

途中で忘れてしまうほどくだらないものばっかり。

 

 

学生の頃は目の前の試験やら目の前の目標のためにやるべき事が明確でも、

日常生活に役に立たない小難しい勉強なんて、とのらりくらり。

大人がすごく羨ましいと思っていましたが。

 

 

大人になってみると、なるべき姿までの道のりが途方もなくて何から手を付けようか…。

 

 

千里の道もなんちゃら。

先人たちの言葉やあのとき言われた大人の言葉が今になってようやくわかってきたお年ごろ。

白紙の年賀状やら書類やら、残したまま今年も終わっていくようです。

 

 

 

 

 

やるか諦めるか。

なりふり構わず進む。いつだって単純明快。

 

 

 

 

関連した記事

Post Tagged with
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ blogramで人気ブログを分析
ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押していただくと、うれしいです(*^_^*) by あゆみ
Disqus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google+