[めしませ、きもの。]袋帯の七段返しで返り討ち。

これは二枚扇

昨日も、私の親先生の鈴木先生のもとでお稽古。

写真は同じく次回の奥伝講習会の課題の二舞扇です。

 

 

 

袋帯の帯結びの中には同じ帯の結び方で少し手を加えるだけで7つの形をつくることができます。

七段返しもその一つ。

 

奥伝に生徒さんを出すのが1年ぶりだったのもあって、久々。

今回も納得のいく形にならず撃沈。

 

古典的な帯結が多いし、実際にはやらない形も多いですが、

キレイにな形になるように、ひとつひとつの手順を確認していくのは力が付きますね。

 

 

生徒さんに、教えるためにもまだまだ練習です。

 

 

 

 

関連した記事

着ること、着せること。
おっと!!いきなりの美しすぎる浴衣ショットですが…。 もちろん私で...
晴れの日はやっぱり振袖がいい。成人式に向けて準備もスタート。
きのうは久々に、私の先生の元に。   &a...
【めしませ、きもの。】ひさびさの稽古。
ここ最近は忙しい生徒さんがおおくて、着付けのお仕事がメインになっていたのですが…...
【めしませ、きもの。】卒業式はやっぱり袴が可愛い。
すっかり暖かくなりました。今年も卒業式シーズン。 袴の着付けをさせ...
[めしませ、きもの。]奥伝講習会、第3回。訪問着の着付けと帯結び。
奥伝の講義も早くも2回めです。 今回は訪問着の講義。 &am...
[めしませ、きもの。]帯に短し、タスキに長し?浴衣着付けのお稽古。
美容室のスタッフさんへのお稽古2回め。 写真のうなじは、練習用のト...
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ blogramで人気ブログを分析
ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押していただくと、うれしいです(*^_^*) by あゆみ
Disqus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google+