【めしませ、きもの。】着物のときの寒さ対策

もうすぐ、成人式シーズンなので着物関連の記事をアップしてみます。

(写真は先日、野口さんにとって頂いたもの♪友禅の小紋に毛糸のストールで)

 

 

毎年、成人式の着付けの時に「これで寒くないですか」とか「寒いから中に着ていたい」と

聞かれることが多いので、礼装に限ってですが寒さ対策についてまとめてみました。

 

冬の着物なんて心配ご無用。

むしろ、夏の厚さに比べたら、全然耐えられる!

 

 

●心配するほど必要ない

実際、着ていて暑くて気分の悪くなってしまう方が多い印象。

慣れない着物の締め付け感や会場の暖房が洋装で過ごせる位の設定だからでしょうかね。

室内ではスーツのコートを脱ぐので、スーツの中に着れる以上の防寒対策も不要ということ。

 

結婚式のおよばれだって、分厚いコートを着ていても、中に着ているのが薄いドレスだったら

着物にストールだけのほうがよっぽど厚着。

 

 

●見せないことが和装のマナー

これは寒さ対策に限ったことではありませんが、

本来見せるべきではない部分が見えてしまうのは、はしたなく見えてしまいます。

 

歩いた時や階段で足袋よりうえの足やつり革に掴まって腕が見えてしまうのって、

子供っぽい印象になったり、品があるとは言えません。

同じく、お袖や衣紋から防寒のインナーが見えてしまったりするとせっかくの晴れ着も台無し。

 

 

●あるもので十分たりる!

たった一日のために、和装のストッキングやステテコやら用意するのは無駄!

毎日着る方なら別かもしれませんが…。

外気にふれる部分が一番寒さを感じるので衣紋や首、肩、腕だけ温めればばっちりです。

ファーや大判のストール、ロングの手袋カバーします


色や材質が着物の雰囲気と合えば普段使っているストールや手袋で平気。


(昼間だけならコート着ないで出かけることもしばしばw)

 

●どうしても寒い時は

外で式典に参加とか徒歩移動が多いときは、半袖ヒートテックを2枚重ね着。

襟ぐりがあいてるもので。後ろ前にして逆にして着ます。

イメージはバレエ用のインナーみたいに背中が開いているもの。

 

半袖なら、電車でつり革に掴まっても袖が見えてハラハラしなくて済みますし、

背側がくれていれば、衣紋からインナーが見えてしまうこともありません。

 

 

●唯一洋装より寒い所。

足袋なんです。靴下むき出し状態ですから…。

長時間外にいたり風が強い日でもなければ、まず気にならないところですが。

 

足元も、中に5本指ソックスをオマケしたりで十分暖かく過ごせます。

 

 

 

私的な意見を書き並べましたが…。

 

 

これから、着物を着てお祝いや節目を迎える方が多くなる時期。

晴れの日に着物を着てよかったと、

素敵な装いで、良き一日を過ごされるよう参考になればと思います。

 

 

関連した記事

着ること、着せること。
おっと!!いきなりの美しすぎる浴衣ショットですが…。 もちろん私で...
晴れの日はやっぱり振袖がいい。成人式に向けて準備もスタート。
きのうは久々に、私の先生の元に。   &a...
【めしませ、きもの。】山野流着装教室 許状伝達式、新年会に参加してきました!
今日は山野流着装教室の奥伝許状伝達式でした。  ...
[めしませ、きもの。]袋帯の七段返しで返り討ち。
昨日も、私の親先生の鈴木先生のもとでお稽古。 写真は同じく次回の奥...
[めしませ、きもの。]比較するとこんな所が違う!!袴にはキリッと正装の足袋とお洒...
もうすぐ卒業式シーズン。 旅立つ学窓を華やかに彩る袴のシーズンでもあり...
[めしませ、きもの。]袴のブーツは、買う?借りる?今からでも間に合う!使えるブー...
  年甲斐もなく…。 袴の記事は後編です。...
Post Tagged with ,
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 宇都宮情報へ blogramで人気ブログを分析
ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押していただくと、うれしいです(*^_^*) by あゆみ
Disqus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google+